オーレックス英和・和英辞典(第2版)

オーレックス英和・和英辞典(第2版)
Dictionaries

このコンテンツをご利用になるには、無料のiOSアプリ「辞書 by 物書堂」が必要です。

Download from App Store

高校生の日常学習、大学受験からビジネスまで、英語を学ぶすべての方へ

本製品は、旺文社の英和辞典「オーレックス英和辞典 第2版」と和英辞典「オーレックス和英辞典 第2版」をセットで収録した英和・和英辞典コンテンツです。

「受験に強い」「発信に役立つ」上級学習英和・和英辞典の第2版に見出語音声約1万項目を追加しました。またほぼすべての付録を収録し、さらに重要語や囲みなどアプリ独自の索引も追加しています。

「オーレックス英和辞典 第2版」は、総項目約10万5,000の上級学習英和辞典です。語法や類語など英語学習に役立つ要素が充実しており、大学受験・検定試験対策にも最適です。また、最新の英語を紹介したコラムや、これからの英語教育が重視するコミュニケーションに役立つ情報を多数収録しています。

「オーレックス和英辞典 第2版」は、高校生の日常学習、大学受験・検定試験からビジネスまで、英語を学ぶすべての方々に向けた上級学習和英辞典です。自然な日本語を、基本的なそしてよりナチュラルな英語に訳した用例が約9万8,000と豊富に収録されており、さまざまな形の発信に役立ちます。

主な機能・特徴

  • 物書堂独自のレイアウトエンジンによる高速表示
  • 前方/後方/完全一致検索
  • 見出し/成句/用例検索
  • パターン検索(任意の文字/母音・子音/グループ/アナグラム)
  • 凡例・付録
  • なぞってジャンプ®
  • 見出語の音声再生(英和辞典:約10万項目)
  • 項目内検索
  • 項目内の重要語義や品詞や成句へのポップアップメニューによる簡易アクセス
  • ブックマーク機能(iCloudで同期)
  • 表示履歴(iCloudで同期)
  • 検索履歴
  • クリップボード検索
  • VoiceOverによる解説文の読み上げ

書籍版について

オーレックス英和辞典 第2版

『オーレックス英和辞典』は高校生の日常学習、大学受験からビジネスまで、英語を学ぶすべての方々に向けた上級学習英和辞典です。

充実の文法・語法解説と、豊富な用例・多彩な表現で、本物の英語運用能力が身につきます。

約10万5千項目収録

  • 膨大な入試問題や言語資料に基づいた約10万5千項目を収録しています。

発信(アウトプット)・受験に役立つコラムを多数収録

  • コミュニケーション表現をまとめた「COMMUNICATIVE EXPRESSIONS」
  • 英文読解のキーワードをわかりやすく解説した「NAVI表現」
  • 多義語の意味が一目でつかめる「中心義」
  • ネイティブスピーカーの最新の言語使用実態を調査したコラム「PLANET BOARD」
  • 知的好奇心をくすぐる「メタファーの森」、「Boost Your Brain!」、「Behind the Scenes」

オーレックス和英辞典 第2版

『オーレックス和英辞典』は、高校生の日常学習、大学受験からビジネスまで、英語を学ぶすべての方々に向けた上級学習和英辞典です。

用例数約98,000

  • 日常でよく使う言い回し、日本語らしい表現など、豊富な用例を収録。

英作文のプロセスを表示

  • 「自然な日本語>英訳に適した日本語>英文」と段階的に提示。
  • さらに、「ネイティブならこう表現する」といったよりナチュラルな英文なども併記しています。

見出し語を統合

  • 伝えたい日本語をより自然な英語に変換するために、他品詞形や複合語をまとめて掲載。
  • 例えば、「かわいい」という見出し語で「かわいさ」「かわいげ」「かわいがる」を扱っています。

発信(アウトプット)に役立つコラム多数

  • 「うれしい」「悲しい」といった概念の下に、多彩な切り口から表現を集めた「イデアの泉」を新設
  • 言いたいことを、いかに「英訳に適した日本語」に変換するかを示した「英作文のヒント」を新設
  • 間違いやすい英作文のポイントを検証した「PLANET BOARD」
  • 定型表現を場面別・機能別に検索できる「How to Say It」

書籍版と異なる点

図版など書籍版の内容を一部収録していないものがあります。

情報

ジャンル英和・和英辞典
バージョン1.0.6
最終更新日2019年3月4日
リリース日2017年9月19日
タイトルオーレックス英和辞典 第2版
出版社旺文社
見出語数105,000
用例数80,000
タイトルオーレックス和英辞典 第2版
出版社旺文社
見出語数30,000
用例数100,000