旺文社 全訳古語辞典 第五版

旺文社 全訳古語辞典 第五版
Dictionaries

このコンテンツをご利用になるには、
無料のiOSアプリ「辞書 by 物書堂」が必要です。

訳の正確さが群を抜く入試に強い古語辞典

「旺文社 全訳古語辞典 第五版」は、旺文社より出版されている「全訳古語辞典 第五版」を収録した古語辞典コンテンツです。

2018年に全面改訂されて「第五版」となった、定評ある旺文社の古語辞典で、教科書・大学入試を徹底分析し、精選の22,500語を収録。用例には一語一語を正確に訳出する逐語訳を採用し、文法事項を丁寧に解説しています。
古典の学びはじめから入試に向けての学習まで、多くの方におすすめできるコンテンツです。

デジタル版の特徴として、「見出検索」には現代仮名遣いでの検索、活用形での検索に対応しています。終止形でない形の動詞を検索画面にそのまま入力したり、用例の一部をなぞった場合でも、該当する見出しの項目をすぐに開けるようになっています。

また、「語義検索」「用例検索」では、語釈/用例で使われている文字の一部を入力して検索することができ、現代語から古語への逆引き、ある語の他の用例での使われ方を調べるなどの用途にお使い頂くことができます。

囲み記事などは、付録に索引を収録していますので、一度にまとめてご覧になれます。

「ゐ」や「ゑ」といったキーボードでは入力しづらい文字も、「辞書 by 物書堂」アプリに搭載されている手書き入力機能により、手書きで検索することも可能です。

本文の用例や囲み解説などには、字游工房の「游明朝体 Pr6N R」を用い、美しい縦書き表示でご利用頂けます。

すべてのコンテンツがご利用のデバイスにインストールされるので、使用時にネットワークに接続する必要はなく、オフラインで安心してお使いいただけます。

第五版の特徴

8年ぶりの改訂。今回も教科書・大学入試問題の徹底的な調査を行い、最新の研究成果も反映させました。

語彙を増やし、読解力がつく新規の特長を盛り込みました。

  • 名文解説
    用例として採録されている古典の名文を取り上げ、訳文だけでは十分に理解できない作品の背景や作者の思いをやさしく解説しました。
  • 敬語ガイド
    重要敬語を意味別に取り上げ、まとめて示しました。登場人物をはっきり言い表さないことも多い古典作品の中で対照的に使い分けられている敬語の理解に役立ちます。
  • 語の広がり
    現代使われている語が、どのような語に由来するかを、成り立ちの面から詳しく解説しました。意外な結びつきを知ることができ、語源を考えるおもしろさが味わえます。

主な機能・特徴

  • 物書堂独自のレイアウトエンジンによる高速表示
  • 見出の前方/後方/完全一致検索
  • 見出/語義/用例検索
  • 見出の現代仮名遣い、活用形での検索
  • パターン検索(任意の文字/漢字・カナ/グループ/アナグラム)
  • 手書き検索
  • 凡例(編者のことば/この辞典の特色と編集意図/この辞典のきまりと使い方)
  • 付録(重要語/図/慣用表現/敬語ガイド/名文解説/類語パネル/語の広がり/古語ライブラリー/識別ボード/冒頭文掲載作品/発展/文法要語解説/和歌・俳句修辞解説/作品名・人名・地名/和歌・俳句/枕詞・歌枕・季語/百人一首/小倉百人一首)
  • 見出語、和歌、小倉百人一首の音声再生
  • なぞってジャンプ®
  • 項目内検索
  • ブックマーク機能(iCloudで同期)
  • 表示履歴(iCloudで同期)
  • 検索履歴
  • クリップボード検索

書籍版について

全訳古語辞典 第五版

宮腰 賢・石井正己・小田 勝/編

© Miyakoshi・Ishii・Oda 2018

定評ある「旺文社全訳古語辞典」の全面改訂第五版!
教科書・最新入試問題5年分を徹底分析、
精選22,500語に丁寧な現代語訳を付け、文法事項を詳しく解説しました。
古典の学びはじめから入試に向けての学習まで、この1冊で!

特徴

  • 用例には「逐語訳(直訳)」を採用しているから、訳が正確!
    用例は一語一語を正確に訳出しているので、古語と現代語訳の対応関係がわかり、自分で訳す力を養えます。
  • 古典の語感がつかめる「語義パネル」と「重点義」
    重要語には意味を整理して学習できる「語義パネル」を設置。「重点義」では、語の中核となる意味を示しました。
  • 見てわかる図表や一覧、特設欄が満載
    ・和歌・俳句の枠囲み、「助詞・助動詞ガイド」、「慣用表現」、「識別ボード」など、図表や一覧が満載。
    ・「名文解説」、「語の広がり」、「敬語ガイド」など、新しい特長も盛り込みました。
  • 充実の巻頭カラーページ
    ・「平安時代の天皇・貴族・女房の一日」を新設、「古典文学の展開」を刷新。(*本コンテンツには含まれておりません。)
    ・色・服装・武具・動植物・地図など豊富な図版で、古典世界のイメージが広がります。(*地図は、本コンテンツには含まれておりません。)
  • 収録語数:約22,500語
  • 収録音声:(見出)約8,500項目、(和歌・百人一首)約350項目
    *見出し語の音声は、重要語と、歴史的仮名遣いによる表記の見出し語(一部)を、現代語の発音を参考に収録しています。古語は時代による変遷、地域差などから発音が異なるためひとつの参考としてください。

フォントについて

游明朝体 Pr6N R

本コンテンツ、有限会社字游工房の游書体ライブラリーOpenType Font「游明朝体 Pr6N R」を搭載しています。

游書体ライブラリー、および字游工房は(有)字游工房の登録商標です。

情報

ジャンル古語辞典
バージョン1.0
最終更新日2020年1月24日
リリース日2020年1月24日
タイトル全訳古語辞典 第5版
出版社旺文社
見出語数22,500
音声数8,500