egword Universal 2

速い、簡単、美しい。日本語ワープロソフト

「egword Universal 2(イージーワード・ユニバーサル 2)」 は、縦書き、原稿用紙モードを備えた macOS用日本語ワードプロセッサです。独自のレイアウトエンジンを搭載し、日本語の文章を美しくレイアウトすることができます。パフォーマンスに重点を置いて設計されているため、数百ページにわたる大作でも軽快に編集することができます。

2007年のバージョン2.0.2をもって開発を終了したegword Universal 2を、当時の仕様を可能な限り残してmacOS High Sierraでも動作するようにしました。64bitに最適化して、古いAPIは新しいものに置き換えてあります。


高速起動

最新のmacOS High Sierraに対応。起動時間、入力編集、スクロールなど、あらゆる操作が快適に行えます。長時間の編集でもストレスを感じない文書作成環境を提供します。

ショートカット

美しい縦書き。小説や脚本執筆にも最適

縦書きでも横書きと同様に高速にレイアウトします。古いTrueTypeフォントをお使いでも、縦書き用の字形に正しく切り替えます。縦書きでは、縦中横や句読点のぶら下がりが可能です。レイアウト設定で文字数と行数を固定することで、小説の書籍を完成させることもできます。


作表・作図機能も充実

表や図形テキストも縦書きに対応。egword Universal 2は表、図形、ヘッダ/フッタに至るまで、すべて共通のテキストエンジンがレイアウトするので、本文以外でも本文と同じ属性を使うことができます。図形の回り込みや、ページをまたぐ表の自動分割など、多彩な機能を搭載しています。

詳しくは、機能一覧のページをご覧ください。

ファイルの互換性

  • EGWORD9~14、PURE 4~9(読込みのみ)
  • RTF、RTFD
  • Word形式(macOSの機能を使っているため機能は大きく制限されます)
  • テキスト

エルゴソフト版egword Universal 2との違い

  • 日本語入力プログラムegbridge Universal 2は付属しません
  • 電子辞典、電子辞典ビューアは付属しません
  • Word形式の読み込み/書き出しは機能が大きく制限されています

egword Universal 2の歴史

egword Universal 2の歴史は、エルゴソフトが1984年に発表したEgWord Ver. 1.0まで遡ることができます。EgWordはMacで使える最初の日本語ワープロソフトとして誕生しました。それから24年もの間、エルゴソフトによって開発・販売されていましたが、2008年にエルゴソフトが事業を終了したため、開発も終了してしまいました。しかし多くの方が復活を望まれておりましたので、元エルゴソフトのエンジニアで構成される物書堂が正式にソースコードを取得して復活させました。

製品仕様・動作環境

  • 通常価格:7,800円
  • OS X El Capitan(10.11)以降
  • 約30MBの空き容量

購入

購入はApp Storeよりご注文いただけます。