こんにちは、物書堂の廣瀬です。

本日、物書堂の外国語辞書のラインナップに「小学館 ランダムハウス英和大辞典」が加わりました。

実はすでに小学館さんからも同じ辞書のアプリが出ていますが、それとは別の物書堂版として今回リリースすることになりました。小学館さんのロベール仏和大辞典独和大辞典をリリースした際に、英語の大辞典も是非とのリクエストをたくさん頂戴しましたので、小学館さんにお願いして英和大辞典もアプリにさせていただきました。

物書堂版「ランダムハウス英和大辞典」はこれまでの物書堂の外国語辞書アプリと同じ使い勝手を踏襲していますが、今回から見出語のパターン検索機能が搭載されています。これまでの検索機能は前方・後方・完全一致にしか対応していませんでしたが、今回から部分一致とパターンマッチング、アナグラム検索にも対応します。部分一致検索についてはずっと以前から多くの方にご要望をいただいていたものですが、ようやく搭載することができました。

パターン検索について簡単に紹介します。検索画面左上の“*”をタップするとパターン検索モードに切り替わります。ここでアルファベットだけを入力すると部分一致検索とアナグラム検索が実行されます。キーボードの上に利用可能なパターンがボタンで表示されるので、こちらを使ってパターンを入力すると今度はパターン検索が実行されます。

例えば、“T”で始まりその後に何かが3文字続いて最後が“SH”で終わるという場合には、“t???sh”と入力します。すると、“thrash”や“thresh”、“thrush”などが見つかります。文字のグループのパターン“()”も利用可能なので、例えば“(mn)u(mn)”と入力することで、MUMやNUMなどを見つけることができます。他に利用可能なパターンはこちらをご覧ください。

パターン検索は他の検索と同様に入力に従ってどんどん実行するようになっています。数十万のキーに対して複雑なパターンマッチングをかけると相当時間がかかると思っていましたが、iPhoneでもiPadでもあっという間に実行されてしまいました。モバイルデバイスの進化は本当にすごいですね。

もう一つ、iPadのUIが今回から変わりました。こちらもご要望が多かったのですが、検索結果と本文を同時に表示するようなっています。画面を行き来する手間が減るため、検索だけでなく、ブックマークや履歴の使い勝手も良くなると思います。

最後に物書堂版の特徴をもう一つ。小学館さん版とは内容が同じで音声も同じ数だけ入っていますが、物書堂版はインストールサイズが小さいのが特徴です。具体的には830MBに対して370MBと、半分とはいきませんが、4割以上もコンパクトになっています。音声付きの辞書アプリはどうしても大きくなりがちですが、物書堂の辞書アプリはインストール後も大きくならないように工夫しています。

毎度恒例ではありますが、発売記念セールを実施しています。通常価格は税込6,400円と高額なのですが、2015年1月5日(月)までの期間限定で3,800円で販売いたします。ウィズダムなどの中辞典クラスに載っていない単語を調べる方には本当にお勧めできる辞書なので、この機会にどうぞよろしくお願いいたします。